1秒でわかる最新ダイエット情報!!

2005年12月10日

肥満の遺伝子について

肥満に係る遺伝子は数十種以上と言われています。

確かに両親または片親が太っている場合、
確率的に肥満が多く見受けられます。

また「セットポイント説」にあるように
脳で代謝をコントロールして一定の体重に保つセット値
は生まれもっての遺伝因子によって決められているとい
う説もある程度解明されています。

代表的な遺伝子

■節約遺伝子

人類発祥から進化・歴史の過程で人類は様々な飢餓時代
を乗越えてきました。

消費エネルギーを節約し、たくさん脂肪を蓄えようとす
る遺伝子が受継がれているのです。

■肥満遺伝子

食欲のコントロールは血糖値の上昇により脂肪細胞から
レプチンというホルモンが分泌され満腹中枢に伝えます。

中性脂肪の多い人はレプチンが大量に分泌されるのです
が抵抗性ができてしまい脳で満腹感を得られず過食とな
り肥満となるのです。

■β3アドレナリン受容体遺伝子異常

脂肪細胞表面のβ3アドレナリンレセプターの異常により
脂肪の分解とエネルギー消費がうまくできなくなります。

これにより基礎代謝量が200Kcal程度低下するのですが、
実に日本人の3人に1人はこの遺伝子異常があるのです。


でも、誤解しないで頂きたいのは

たとえ肥満の遺伝子を持っていたとしても
それは先天的に太りやすい体質であると言うことだけで、
運動不足、偏った食生活などの後天的な要因が加わること
により初めて肥満となると言うことです。



ダイエット情報→ 人気ダイエットblog検索

この記事へのコメント
Miyakawaです。
いつも詳しい内容で関心させられています。貴重な情報を公開いただき感謝しています。

>運動不足、偏った食生活などの後天的な要因
>が加わること
>により初めて肥満となると言うことです。
最後のこの一言に非常に共感しました。
結局最後は自己管理なんですよね。

高血圧や癌も遺伝子のせいにされることがありますが、やっぱり生活習慣のせいなんですよね。

気をつけなきゃ。
ポチっとして帰ります。
おじゃましました。
Posted by Miyakawa at 2005年12月10日 11:07
こんばんは.
相互リンクのお話,ありがとうございます.
弊サイトからもリンクを貼らせて頂きましたので,ご報告します.
http://suppli.seesaa.net/article/8562281.html

対応が遅くなり,申し訳ありませんでしたm(__)m
これからもよろしくお願いします<(_ _)>
Posted by サプリン at 2005年12月10日 23:55
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。